注意すべきこと

交通事故の時、示談には、私達はどのような点を注意しなければならないのでしょうか。 私達がその示談に注意をしなければならないことは、「示談が成立してしまえば、それ以降損保会社に対して示談で合意した金額以上のお金を請求できなくなる」ということです。 一度示談が成立してしまえばあとで間違いと思っても、訂正が効かないものと考えた方が良いです。

だからこそ、交通事故の示談は慎重に対処しなければならないのです。しかし、頭の中は、実際に示談どころではなく、このような悲惨な事故現場から逃れたいという気持ちの方が強いのではないでしょうか。それが交通事故で起こる盲点かもしれません。

その救済の方法などないのです。それを悲劇と受け止め、自覚して対応する以外方法はありません。交通事故とはそのようなものなのです。そして、お金が必要ないといえば問題はないのかもしれませんが、交通事故には、必ずお金がともない、治療をするにもお金がなくてもとの健康な身体を取りもどすことなんて出来ないのです。

損保会社も、被害者の気持ちをしっかりくみ取って対応してくれるだろうと思えば大きな間違いです。損保会社は、どんな事態が起こっても損をしたくないのモノです。