負けない決意

交通事故が起こってしまったら、将来の医療費や仕事への影響などさまざまな面から検討し、判断をしなければなりません。交通事故の被害者は、ただ脅えているだけでは、納得ゆく示談金を受け取ることなんて出来ないのです。

戸惑えば保険会社がよりどころと考えてしまうのかもしれませんが、保険会社は営利を追求する民間企業に過ぎず、 示談金を低く抑えたいと思っているのです。何もしないというのなら、保険会社は、保険会社で、「保険会社基準」で計算をしてきます。

そして、保険会社はプロフェッショナルなので、素人のみなさんが簡単に太刀打ち出来る相手でもないのです。被害者も負けてばかりはいられないです。被害者も、「赤い本」と呼ばれる民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準または、「青本」と呼ばれる交通事故損害額算定基準などを活用しててしっかり事前準備を整える必要があります。

そして、被害者の方、一人で保険会社立ち向かうことなんて簡単には誰も出来ないと思うのです。信頼できる知人に付き添ってもらったり、複数で損保会社に行くと、強気の対応がきっと出来るでしょう。そして、やっぱり素人は素人に過ぎないのです。交通事故被害救済に詳しい弁護士など専門家へ相談がベストです。

関連サイト|交通事故示談の相談《弁護士法人アディーレ法律事務所》