タイミング

示談交渉をしたとしても、示談がすべてのケースで成立するということではなくて、示談交渉が決裂すれば、紛争処理機関、または調停や裁判へという流れになってしまうことになります。交通事故が軽度という場合では、被害者も、そんな全然誰だか判らない人と出来れば時間をかけて向きあいたくないと考えて、一刻も早く示談を成立させたいという思いは起こるものです。

実際に示談交渉は事故後いつでも開始することができます。その場での口約束でも示談として成立と見なされるケースもあります。しかし、やっぱり交通事故で懸念しなければならない問題は、後遺障害であったり、車両の損傷だって目に見えない所で起きている場合があります。やっぱり、嫌かもしれないですが、しっかり示談するモチベーションは交通事故において絶対に必要なことなのです。

死亡事故が起きたとしましょう。死亡事故の場合でも、死亡が確認されたということは既に、損失が確定していることであり、 示談交渉はスタートさせることが出来ます。しかし、そうだしても、精神時ショックのことなど考えると、ほとんど、示談交渉など無理というケースがほとんどではないでしょうか。そのとき四十九日法要程度待つのが一般的とも言われています。

交通事故の示談

交通事故にあってしまったとき、示談というケースも起こるかもしれません。示談という言葉も普段私達が使用しないものなので、何をしていいか判らないから不安だという声も多く聞きます。 事故が起きてしまった場合、 ほとんどのケースでは、加害者と被害者が示談交渉を始めていくことになります。しかし、それはどのような方法で行われれば良いのでしょうか。そして、 どのような流れなのでしょうか。

まず、事故を起こしたとき、しなければならないのは警察に電話をすることです。そして、示談の相手の身元を確認しなければなりません。警察が到着して、加害者と被害者それぞれへの聴取をしていくことになります。そして、現場状況から、事故の状況を記録する実況見分調書を作成をします。加害者ならば保険会社へ連絡をして、被害者も自動車に乗っていたならば同じく保険会社への事故通知をしなければなりません。

そして、被害者の場合、怪我の治療を病院で行うことになります。治療が完了して、損害賠償額が確定することになります。

事故を起こした場合、必ずつきまとう問題として、被害者に後遺障害が残ることがあります。そのような場合は、事情がちょっと違い、 症状がこれ以上変わらないという時点で「症状固定」を行う必要があり、 後遺障害診断書を、医師に作成してもらう必要があります。

そして、ここから示談がスタートします。示談が成立した場合には、 加害者から損害賠償金や慰謝料を受け取ることになります。